ベラジョンカジノ 信頼性

ベラジョンカジノには信頼性があるのでしょうか?
もちろん十分に信頼できます!

オンラインカジノという一見あぶなっかしく感じる業界だからこそ、その信頼性を守るために細心の注意が払われていますし、違法性を追求されないように徹底されています。

ベラジョンカジノ ライセンス

ベラジョンカジノは、キュラソーのライセンスのもと運営してます。

ベラジョンカジノは通常のキュラソーライセンスだけでなく、サブライセンスも取得。より高い公正性と安全性が認められていると言えると思います。

オンラインカジノのライセンス発行国としては、イギリス、ジブラルタル、マルタ共和国、マン島、アンティグア、オルダニー島などが有名です。ライセンス発行国は、運営会社の業務内容・業績・代表者のバックグラウンド・犯罪歴などを長い時間をかけて厳しい審査を行います。

厳しい審査を通過してライセンスを取得したオンラインカジノ運営会社は、第三者テスト機関による不正チェック、承認テストを受ける義務があります。第三者テスト機関は、TST、itechlab、GA、BMMなどが有名です。

さらに、NPO機関での定期的な監査も受けることになり、とにかくオンラインカジノの業界というのは不正ができない仕組みになっているわけですね。

ベラジョンカジノ アカウント認証

プレイヤーの不正を防ぐために、プレイヤーのアカウント認証もしっかり行われています。

アカウント認証というのは簡単に言えば身分証明書の提出ですね。
免許証などのコピーや写しをメール添付で送り、ちゃんと責任の所在をひとりひとり明確にしています。

証券会社のアカウントを取るときと同じぐらい厳しいチェックが入るので、クリーンなプレーヤーだけが集まる場となっています。ですから安心して遊べます。

ベラジョンカジノ 違法性 適法性

ベラジョンカジノに違法性はいっさいないのでしょうか?
もちろんありません。ただし適法性があるとも断言しにくいのは事実。

そもそもオンラインカジノ自体を取り締まる法律というのが存在しないというのが現状なのです。

ギャンブル自体は違法です。
ですがそれは国内で行われるギャンブルに限定された法律。

日本人が海外旅行先のカジノでプレイしても違法性を問われないのと同様に、日本人が海外のオンラインカジノでアカウントを取得してプレイしても違法性を問われないんですね。

ただし、例えば日本の業者が国内でお客さんを集めてオンラインカジノをプレイさせる店舗を運営したとすれば、その業者もお客さんも違法性を問われます。違法性を問われないためには、あくまでも個人でアカウントを取得して、個人の端末で個人的にプレイする必要があります。この点だけは注意が必要だと思います。

ベラジョンカジノ 逮捕

ベラジョンカジノをプレイしても逮捕されることはないのでしょうか?
もちろん、逮捕などされる心配はありません。

過去にオンラインカジノで逮捕者が出たという事例はたしかにあるそうです。
ですが正式な裁判で無罪を勝ち取った人がいますので、今は警察のメンツにかけても誤認逮捕という事例が発生することは絶対にないでしょう。

もちろん法律改正の可能性は常につきまといます。ある日突然、法律改正で「オンカジ違法」となる日が来ないとは言い切れません。ですが未だにパチンコが合法として通用している世の中ですからね。そんな日が来る可能性はほぼゼロなんじゃないかと思います。

ベラジョンカジノ 詐欺

ベラジョンカジノのようなオンラインカジノには詐欺などの噂が時々発生します。
そういう噂の原因はたいてい、ささいなことです。

パチンコでも競馬でも宝くじでさえも、勝てなかった人が逆恨みして声高に「詐欺だ」「詐欺だ」と騒ぎ出すことがあるのですよね。こればっかりはギャンブル系の業界にはつきものなので仕方ないと思います。「また始まったか」と聞き流すことも大事ですよね。

そもそもギャンブル系の業界だからこそ、クリーンな運営を徹底しないとお客さんが離れてしまいます。そういう意味では世界を相手に商売を成立させているオンラインカジノがわざわざリスクを犯して詐欺などするわけがないというのは、ちょっと考えれば分かることです。

しかもベラジョンは厳正なライセンスを取得していますので、なおさら安心してゲームを楽しむことができると思います。詐欺に手を染めるより真っ当に運営するほうがよっぽど儲かるので、そもそも詐欺をする理由がないのです。

ベラジョンカジノ サポート

ベラジョンカジノは非常に手厚いサポート体制が整っていることで有名です。特に日本人の方でも全く違和感なく楽しめるように日本語対応が完璧に出来上がっていると思います。

分からないことや困ったことがあれば、すぐに問い合わせることができるので安心して楽しめますね。